FC2ブログ
プロフィール

Gombe

Author:Gombe
2012年12月初旬、1年後の自分を描き、その目標に向かうための課題を宣言。それを実現するために記録を開始することにした。内容は主に英語学習に関すること、発音に関すること(予定)。

小学生の頃から日記が続かないタイプ。まずは週1回更新を目標にする。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Gombe's Journey--"To infinity and beyond!"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンクを意識する
新幹線の中、座席前方上の電光掲示板・・
右から一文字ずつタタタタタタと流れるニュース

帰りの車内で、意識して読むでもなく、ボーっと読んでいた。

ボーっと読んでいたからかもしれないが、
出てくる文字を追っても内容が頭に入ってこない。

そしてある瞬間に「!」と一つのことを考えた。

普段文字を読むとき、
当然その時に読んでいる(つもりの)文字を見ている訳だが、
潜在的には今読んでいる箇所より先にも視線をやりながら読み進んでいるのではないか。

だから、一文字ずつ表示される新幹線車内の電子ニュースは読みにくいのではないか、と。

それを考えた「ある瞬間」とは、
タタタタタタと流れる電子ニュースの文字の中に「、」が登場した時。
《そうか、ここで切っていいのね》、とホッとしている脳内音読中の自分。
←ボーっと読んでいたくせに(^^;

すなわち、文章を読む際は、声に出す・出さないに関わらず、
「区切り目」という文章の大きな枠組みが認識できているかできていないかで、
読みやすさ、理解しやすさが変わってくるということ。

英語の素材を読む際には、
初めて目にする文章であっても、少し先に視線をやる練習をしてみよう!
文章を見た時に、文字や単語で追っていくのではなく、
チャンク毎に捉えられるように訓練しよう!
・・ということになる。

そう言えば、学生時代、
英文を音読する時は必ず読みやすいチャンクごとにスラッシュを入れていた。
そして今でも、複雑な文章を読む時や録音をする前には、必ずチャンクを確認する。

ちなみに、そのチャンクは
【短期記憶】としてstoreしやすい「7±2 音節」位で区切ると読みやすい。
スポンサーサイト

コメント
参考になります
こんにちは。某所より来ました。(^O^)
kohと言います。
あの帰りでの話ですね。(その節はありがとうございました。)
何気ないところで「気づき」が得られるのは流石!と思いました。また、7±2についても単語としては以前聞いたことがあったんですが、「塊」を1つと見做す、というのもハッとさせられました。
自分も気をつけて英文に接してみたいと思います。シェアありがとうございました。
また来ます。今後とも宜しくお願いします。
[2012/12/13 13:17] URL | koh #aNqozeSs [ 編集 ]

ありがとうございます
kohさん、早速のコメントをありがとうございました!

はい、合宿の帰りの話です。
究極の合宿の帰りで、「そういう頭」になっていたんだと思います。
「そういう頭」になる体験、というのも大切ですね。

ぼちぼち頑張ってまいりましょう!
[2012/12/13 20:10] URL | Gombe #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gsjourney.blog.fc2.com/tb.php/2-68497885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。