プロフィール

Gombe

Author:Gombe
2012年12月初旬、1年後の自分を描き、その目標に向かうための課題を宣言。それを実現するために記録を開始することにした。内容は主に英語学習に関すること、発音に関すること(予定)。

小学生の頃から日記が続かないタイプ。まずは週1回更新を目標にする。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Gombe's Journey--"To infinity and beyond!"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC公開テスト(かなり)直前対策
昨日はTOEIC公開テストだった。

◆(当日)試験開始直前に確認したもの:

1)「究極のゼミ合宿 其の壱」のノート
  合宿中問題に取り組んだり解説を聴いたりしながら、ノートの右1/3に書き出していった
  あやしい単語たち(←Gombe基準)

2)合宿参加者向けに届いた「特典3」の問題を解いた後の一人反省会メモ

※ゼミ合宿のノートに書き出した単語たちの中から、"substantial"(かなりの・相当な)
 がPart 5に出題された! 
 やはり、自分であやしいと認識するところがステップ1だな。


◆(当日)家を出てから試験会場に向かうまでにしたこと:

《TEDのvideo clipを1つ聴く》

前回初めて「道中のお供にTED」を取り入れてみたのだが、自分に合っている!
と感じたので今回も。

TEDを聴きながらTOEICを受ける会場に向かおう、と思うに至るエピソードが3つ。

1)一度、試験が始まる直前までメールやらTwitterやらで完全に
 日常日本語モードになって受けた時に、Listeningで流れる音声が
 スムーズに頭に入って来ない、ということを経験したこと。
 「こりゃあかん!」と思った。

2)1)以降、TOEIC教材の音源を聴きながら向かうようになった。
 しかし如何せん、TOEIC素材は集中しながら聴くもの(?!)なので、
 家から会場までのリラックスモードの時にはなかなか真剣に聴こうとしない。
 頭に入って来ない。(←Gombe基準)
 「やんぴ。。」

3)たまたま前回の公開テストの日の朝におもしろそうなTED素材を見つけた。
 おもしろい素材だから、無意識に、かつ緊張もせずに集中する。

 その時観ていたのがこちら (パソコンではtranscriptが英語でも日本語でも表示可能)

 → Amy Cuddy: Your body language shapes who you are

 「ボディランゲージがその人を作る」というテーマ。
 自信のあるorリラックスした姿勢(立ち方、座り方、歩き方etc.)を取ると
 脳内では「やるぞ!」ホルモンが増え、自信の無い小さくなったような姿勢を取ると
 「ストレス」ホルモンが増える、というもの。
 
 しかも自分のもともとの性格とは関係なく、たった2分間そういう姿勢を取ることで、
 脳内の分泌ホルモン量が変わる、という実験結果があるらしい。
 (そしてそれは客観的な評価にも影響を与える。)

その日、私の座席は教室の一番後ろ、横には誰もいない、という場所だったので、
試験開始前の私は「やるぞ!」(偉そう?!)な座り方をしていたはず。(^^;

試験の結果はそれ以前と大して変わらなかったのだが、
受験時の気分は全く違った。

気持ち的に「やるぞ!」であったことと、
英語で話される内容を理解するモードに自然に切り替わっていたことは大きい。

(ちなみに、パソコンでTEDを開くと、ページ上のTalksというメニューから、
興味のある分野とtalkの長さ(3分~)を選ぶこともできる。)

人によって対策は違うはずだが、皆さんはどんなことをしておられるのだろう。。。
スポンサーサイト
Gombeの [TOEIC Reading Section] 実践記録2
【WEEK2】

2週目にして、かなりのスローダウン。
ダメじゃん!( ˘・_・)

◆Week2に実践したこと

・究極模試 TEST1 [R] 2回目 ウィスパー読みしながら「じっくり」解答
・TEST1 [R] に出てくる語彙・語句を徹底的にチェック

知らない語彙と、読んで意味が分かっても自分が言いたいときには
出てこないなぁという語や語句を書き出していく。
これ、結構時間がかかる。
結構たくさん書き出している。
(=結構曖昧な読み方をしているということか)


◆感じたこと:勘ボックスって実はスゴいアイデアだ!

勘ボックスにチェックを入れた問題があることよりも、
勘ボックスにチェックを入れずに間違った問題の方が問題。

↑ と思ったところから・・・ ↓

勘ボックスをできるだだけ使わずに解けるようにならねば、と思っていたが、
チェックを入れられる設問というのは、自分が理解していないこと(語彙・文法)
を認識している、ということであり、逆に
「勘ボックスをチェックせずに間違う問題」=「分かったつもりで分かっていない」
または「勘違い」or「うっかり」の問題ということ。

すなわち、自分が理解していないこと(語彙・文法)を確認するのに有効。
チェックしようがしまいが、こういう弱点があるぞ、ということを認識するためにも
勘ボックスはかなり有効ということだね!


TOEIC 11月公開テスト結果
11月に5か月ぶりに受けた公開テストの結果が今日ネットで発表された。

Listening 495
Reading 485
Total 980

ここから先にある壁の向こうがまだ見えない。

「それだけ取れてるのにまだ受けるの?」などと訊かれる
こともあるが、990に到達していない、という事実は大きい。
990を取る人というのは、それを上回る(BEYOND)力を持っているということ。

どのレベルであれ、目標をBEYONDしていないということは、
克服していくべきステップがまだまだある、ということ。

だから、真剣に取り組んでみることにした。

Reading Sectionでは、「勘」ではなく、
確実に正答を選べるようになるための練習が必要。
ベタ読みをして、根拠を丁寧に押さえていくこと。
語彙を少しでも増やすこと。

何年も変わらずにいる結果が1か月で変わるとは思わないが、
努力していない数年とは少し違う、という兆しを自分自身に見せたい。

次は2013年1月。

Gombeの [TOEIC Reading Section] 実践記録1
【WEEK1_DEPARTURE】

◆今週の [R] の解き方

1)設問を1問 or 2問読む(選択肢は基本的に読まない・見ない)
2)本文を全部ベタ読み(戻り読みをする度に悔しい思い(ㆆ_ㆆ))
3)ベタ→解答根拠発見&解答→ベタ→(でも気づいたらベタで最後までということも)

(火)究極模試 TEST1 [R] 黙々と解答(「とにかく読む」を意識できなかった)
(金)究極模試 TEST2 [R] ウィスパー読みしながら解答
(土)究極模試 TEST3 [R] 声だししながら解答


◆解答チェック後感

・TEST1 [R]
"indicate" 問題の解答を後回しにした結果、
解答し忘れて数問後にマークのズレで気づく、ということをやらかし。
それはさておき、やはりR3が弱い。

・TEST2 [R]
R3が上がった。
数問でこの%は大きく変化するからハッキリとは言えないが、
「全部ウィスパー読み」の成果か?!

・TEST3 [R]
[R] 本の最初に書いてあるように、確かにTEST1, 2と比べると
若干時間がかかった。
R2が下がった。
自分の声が集中力を邪魔している疑惑。

*****

◆「脳内音読」「ウィスパー読み」「声だし」について

「脳内音読」→うっかり読み流したり飛ばす。
「ウィスパー」「声だし」では読み飛ばしは防げる。
でも「脳内音読」と「声だし」はなぜかどっこいどっこい。。

という訳で、私の場合は、

「脳内音読」≦「声だし」<「ウィスパー」

この辺りを研究してみたらおもしろそうφ(. . )
・・て、1週間、設定した課題に全く取り組んでないじゃないか(^^;

まぁ、"WEEK1" は取り組み始める週、ということで。(←甘い)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。